自分にあったストレス発散法

 現代社会で生活していると、様々なストレスに遭遇します。肉体的な疲労は勿論、対人関係などから精神的なストレスを感じる場面も多いでしょう。そのような時、適切なストレス発散法を持っておくことは、健康を保つために非常に重要です。

 自分にあったストレス発散といってもどうしたら良いのか?と悩む方もいるかもしれません。そんな方は、ぜひ自分のストレス反応に注目してみましょう。ストレス反応とはストレスがかかった時にどんな反応を取るかで、個人差が大きいものです。同じようにむしゃくしゃするできごとがあった時、ヤケ酒を飲んでしまう人もいれば、カラオケで熱唱する人もいるでしょう。このようにストレスを受けてなんらかの行動を起こすことを、行動化と呼びます。そういう行動に出るのではなく、肩こりに悩まされたり、お腹が痛くなるという人もいます。身体で反応することを身体化と呼びます。とにかく腹を立てたり、憂うつな気持ちになる方もいるでしょう。感情面で反応することを心理化と呼ぶ場合があります。

 いくつかの反応が組み合わさる場合も多いですが、自分がどんな反応をしやすいかをよく観察してみましょう。行動化しやすい方には、スポーツや旅行など、身体を動かす方法がおすすめです。身体化しやすい方は、身体をいたわるマッサージや、アロマなど、五感に訴える方法を試してみましょう。心理化しやすい方におすすめのストレス発散は、映画を見たりライブに行ったりして、思い切り泣いたり笑ったり、感動するような体験です。